未設定

【当日入場券あり】スカイツリーに登る前に観光情報チェック!

スカイツリーは、全国、全世界からの観光客や地元の方までが訪れる観光スポット。

スカイツリーの1日来場者は平均で1万人を超えるとのこと。
観光地として人気があり、海外からの旅行客も多く訪れます。

スカイツリーの営業時間は通常8時00~22時00までとなっています。
ただ注意したいのは最終の入場可能な時間が21時00までであるという点ですね。

スカイツリーから見る夜景は評判が高いので夜遅くまでも来場者が多い傾向にあります。


スカイツリーの当日券の料金は?

東京スカイツリーへの入場は、当日入場券事前日時指定券日付指定券の3つの種類があります。

高さ350mの場所にある東京スカイツリー展望デッキと、高さ450mにある東京スカイツリー展望回廊、2か所の展望台があります。

それぞれの展望台で料金が異なり、チケットによっても料金が異なります。

東京スカイツリー展望デッキ

・当日入場券
大人2060円、中高生1540円、小学生930円、幼児620円、3歳以下は無料

・事前日時指定券
当日入場券が大人2570円、中高生2060円、小学生1440円、幼児1130円、3歳以下は無料

東京スカイツリー展望回廊

東京スカイツリー展望デッキまでの料金に大人1030円、中高生820円、小学生510円、幼児310円が上乗せされます。

事前予約も可能

日付指定券であれば、予約した日の営業時間内に待ち時間がなく入場が可能になります。

しかし、ツアーなどに組み込まれている種類の入場券であるため、一般的に日付指定券だけを購入することが出来ません。

事前日時指定券は、指定した時間内に待ち時間がなく入場が可能です。
「スカイツリーWeb予約」もしくは「セブンイレブン販売チケット」で購入が出来ます。

当日入場券は、東京スカイツリー4階にあるチケットカウンターで購入が可能です。

入場の列に並ぶ必要があり、週末や連休中などはチケットを購入するまでに3時間以上かかることも。
チケット購入までの列が長い場合は整理券が配布されます。

スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1999121959072359"
data-ad-slot="9281163825">

スカイツリーのアクセス方法

スカイツリーに電車でアクセスする場合の最寄り駅は

【とうきょうスカイツリー駅】もしくは【押上駅(スカイツリー前)】

のどちらかになります。

・とうきょうスカイツリー駅は東武スカイツリーライン

・押上駅(スカイツリー前)は地下鉄

どちらの駅を利用しても徒歩1分程度でスカイツリーまで行けるので非常にアクセスとしては楽です。

 

シャトルバスもおすすめ

スカイツリーに直行してくれるシャトルバスもありますのでそちらの利用も楽でおすすめです。

・東京駅線

・上野・浅草線

・羽田空港線

・東京ディズニーリゾート線

・お台場線

・和光、志木線

のそれぞれからシャトルバスが運行していますので非常に便利です。

各路線の時刻表や運賃料金は東武バスOn-Lineで確認できます。
http://www.tobu-bus.com/pc/skytree_shuttle/

その他にも自家用車でのアクセスも可能です。
駐車場は23時まで利用ではありますがありますので利用することができます。
※30分毎/350円

スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1999121959072359"
data-ad-slot="9281163825">

スカイツリーのライトアップ

スカイツリーは展望台から東京を一望する楽しみ方と外からスカイツリーを見て楽しむ方法がありますよね。
東京タワーでもそうですが、スカイツリーも夜の時間帯はライトアップされます。

ライトアップされる時間帯は日によって異なります。

スカイツリーのライトアップされる時間帯は公式ページから確認できます。
基本的には17時~24時の時間帯をイメージしているといいでしょう。

ライトアップっと一言でいっても様々なタイプがあります。
点灯させるLEDの色味をかえることでいろんな演出をしてくれるのも楽しみの一つになるでしょう。

またイベント時期になるとイベントにあった特別なライトアップがされます。
クリスマス、バレンタインなど時期によってスカイツリーの表現方法はかわるので要チェックです。

イベント時の特別なライトアップの期間や時間帯も公式ページでチェックすることができますよ。

 

スカイツリーと東京タワー正直どっちがいい?それぞれのおすすめポイント

・東京タワー

東京の港区の芝公園にあり、1958年(昭和33年)12月に開業。
電波塔として造られました。
高さは333m、来場者数は現在1億人を超えています。

・スカイツリー

2012年5月に開業しました。こちらも、東京タワー同様に電波塔として造られたものです。
高さは634m、開業から1年半の時点で来場者数は1,000万人を超えています。

より高い場所から景色を眺めたいということであればスカイツリーが良いでしょう。
また、スカイツリーの下にはソラマチもあるため、スカイツリーの展望デッキだけではなく食事やショッピングなど1日中楽しむことが出来ます。

歴史のある東京タワーは、1度は訪れたいスポットでもあります。

周辺に大型の商業施設などは無いため、東京タワーを観光後は移動するということを念頭に楽しむと良いでしょう。
移動が苦にならないのであれば、両方訪れることがおすすめです。