未設定

【2019年度】砺波チューリップフェア日程、入園料、アクセス情報まとめ!

富山県砺波市の砺波チューリップ公園にて毎年春に開催され、色とりどりに咲き誇るチューリップの花を目当てに多くの観光客が訪れることで知られている砺波チューリップフェア。

見ごろ時期になると混雑は避けられないほど、とくにゴールデンウイークと重なることもあり毎年賑わいます。

この記事では、2019年度の砺波チューリップフェアの日程、入園料、アクセス方法などまとめています。


砺波チューリップフェアの日程、営業時間

砺波チューリップフェアの2019年の開催日程は、4月22日(月曜日)から5月5日(日曜日)までとなります。


午前8時30分に開園し、午後5時30分まで催されます。
最終入園は午後5時までですので注意してください。

 

砺波チューリップフェアの見どころ、見ごろ時期は?

砺波チューリップフェアの見どころは何といっても色とりどりに咲き誇った300万本ものチューリップです。
花壇だけで7,000平方メートルもの広さがあり、植えられている品種は700種に達します。


中でも砺波チューリップ公園のメイン花壇である大花壇では21万本ものチューリップの花を用いた地上絵が描かれています。

大花壇には公園のシンボルともなっているチューリップタワーが隣接しており、展望スペースから地上絵を観覧することが可能です。

チューリップの花は4月下旬から5月下旬にかけてが見頃の時期となります。

スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1999121959072359"
data-ad-slot="9281163825">

砺波チューリップフェアの入園料

入園料は、

・大人(高校生以上)が1,000円
・小人(小・中学生)が300円


小学生未満の幼児は無料です。

20名以上の団体で入園する場合には、100円の割引きを受けることができます。

 

前売り券

また前売券も発売されており、

・大人(高校生以上)が900円
・小人(小・中学生)が200円


とそれぞれ100円ずつ安くなっています。

前売券はチケットぴあや各コンビニエンスストアで4月21日まで購入可能です。
また、5月5日はこどもの日であるために、中学生以下は無料で入園することができます。

 

砺波チューリップフェアまでのアクセス方法

砺波チューリップフェアが開催される砺波チューリップ公園は、JR城端線の砺波駅から徒歩で15分ほどの距離にあります。

また、砺波駅へは、東京、大阪、名古屋、金沢の各都市から高速バスも運行されています。

徒歩でも行くことができる距離ですが、砺波チューリップフェアの開催期間中は毎日、砺波駅南口からチューリップフェア会場北門まで、無料シャトルバスの運行されており、片道5分で行くことが可能です。

時間は午前8時30分から午後4時30分までで、往復15分ほどで随時運行します。

 

車でのアクセス、駐車場情報

車で行く場合には、北陸自動車道砺波ICから5分程度、能越自動車道小矢部東ICから17分程度で、砺波チューリップ公園に到達できます。

駐車場は3,700台が収容可能です。
駐車料金は整理料として普通車が500円、マイクロバスが1,000円、大型バスが2,000円必要になります。


また会場周辺の駐車場が満車となった場合、指定駐車場へ誘導されます。
その場合、無料シャトルバスによる送迎を利用することになります。

 

まとめ

砺波チューリップフェアは、他にも同じ富山県の立山黒部アルペンルートをイメージした花の大谷や、毎年テーマを変えて構成されるマジックガーデンといった見どころがたくさんあります。

また、チューリップではありませんが、同じ時期に花を咲かせるシバザクラが1万5,000株も植えられたシバザクラの丘は、一面が鮮やかなピンク色に染まって圧巻の光景ですから、お見逃しなく。