未設定

【お子さんは大喜び】京都鉄道博物館に出かける前にぜひチェック!

京都鉄道博物館は3年前(2016年)の4月に開業したばかりの新しい博物館であり、JR西日本が運営しています。

以前、貨物専用の梅小路駅跡にあった博物館「梅小路蒸気機関車館」がリニューアルされたものです。

この記事では、京都鉄道博物館に遊びに行く前に知っておきたい見どころ、チケット、アクセス、駐車場情報などについてまとめています。


京都鉄道博物館の見どころやおすすめポイントは?

館内はかなり広く、楽しいコーナーがいっぱいあります。

ただ、注意の必要なのが見学時間が決められていたり、事前の申込が必要だったりするコーナーがあることです。

そのため、初めて博物館に行く人は「おすすめ見学コース」の載ったパンフレットを見て、回るコースを決めておいた方が時間を無駄にしなくて済みます。

とくに、小さい子供連れの場合は以下のコーナーは外せません。

 

●鉄道ジオラマ(15分)

本館2階にあります。
実物車両の1/80の鉄道模型が立体的に走る大規模なジオラマです。

見やすい席を取るなら、開催時間をチェックして早めの入場をおススメします。

 

●運転シミュレーター(10分)

同じく本館2階にあります。
実際に訓練で使用される機械を使って、運転のシミュレーションを体験できます。

「整理券」が配られており、土日曜は抽選になります。

スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1999121959072359"
data-ad-slot="9281163825">

●SLスチーム号(10分)11:00~16:00

本物の蒸気機関車に牽引された客車に乗車できます。
往復1kmの蒸気機関車の旅を味わえます。

待ち時間はほとんどありません。別途以下の料金が必要です。

・一般、大学生、高校生:300円
・中学生、小学生、幼児(3歳以上):100円

 

京都鉄道博物館の入園料金は?

京都鉄道博物館の入館料は以下になっています。

・一般:1,200円
・大学生、高校生:1,000円
・中学生、小学生:500円
・幼児(3歳以上):200円

 

割引きチケットってある?

なお、梅小路公園には京都水族館があり、両方の館を見たいという人のためにセット入場券が用意されています。セット入場券は両館の入場料がともに10%割引になります。

また、京都の市バスか地下鉄の1日乗車券を提示すると、10%割引のサービスも受けられます。

ちなみに、市バスの1日乗車券は500円のため、往復の運賃の460円より40円高くなります。

ただし、1日乗車券の提示で博物館のチケットが10%引き(120円引き)になるため、市バスを往復で使う予定の人は、1日乗車券を購入した方がお得です。

土日曜は博物館の窓口が混雑するため、行くことが決まっているのであれば、事前に前売券を購入しておいた方が得策です(割引は無し)。

前売券はセブンイレブンや、JR西日本の主要駅の「みどりの窓口」で販売されています。

 

京都鉄道博物館までのアクセス方法

JR京都駅から徒歩だと、博物館まで約20分かかります。

ただ、京都市内を見て回ったり、梅小路公園の中を歩いたりするので、遠いと感じることはありません。

バスだと、京都駅北側のバス停から乗車して、10分ほどで「梅小路公園・京都鉄道博物館前」バス停に着きます。運賃は大人230円、小学生120円、6歳未満は人数に関わらず無料です。

 

駐車場事情は?

なお、博物館には駐車場がありません。

その代わり、周辺にはコインパーキングが結構揃っています。

駐車料金は20分で100円だったり200円だったり、上限時間があったりなかったりしてまちまちなため、事前にナビで検索してから来た方が無難です。