未設定

【2019年】高尾梅郷の梅まつりの観光情報まとめ!

高尾山を耳にしたことのある人は多いと思いますが、そのほとんどが登山目的ではないでしょうか。

登山客で賑わう高尾山の麓では、梅がキレイに咲くことでも有名。
八王子市高尾の旧甲州街道沿いから約4.5k区間に植えられている、梅の総称を「高尾梅郷」といいます。

遊歩道梅林、関所梅林、天神梅林、新井梅林、湯の花梅林、木下沢梅林、小仏梅林など全体で約1万本の梅の開花を楽しむことができます。

この記事では、高尾梅郷の開花状況、見頃時期、高尾梅郷梅まつり情報、アクセスなどについてまとめています。


高尾梅郷の梅の見どころ、見頃時期は?

高尾梅郷の梅の開花の見ごろは、毎年2月下旬から3月下旬になります。
しかし、毎年気候などの影響で見ごろの時期は変化します。


せっかく行ったのに、花が咲いていなかったという残念なことがないように、事前に開花状況を八王子市のホームページで確認して行くことをお勧めします。
https://www.city.hachioji.tokyo.jp/kankobunka/002/003/p003403.html

ちなみに、今年の2月27日時点では、5分咲きほどなので、満開はこれからということになりそうです。

梅の木の間に整備された歩道が設置されているため、毎年時期になると大勢の観光客などが全国から来ます。

特に祭りの時期や、土曜、日曜、祝日は込み合いが予想されるため、落ち着いて観光したい方などは、平日がお勧めです。

散策することで、梅の香りや美しさに、リフレッシュすること間違いなしです。
また、友人などと手作りのお弁当を持参し、ピクニック感覚で行くこともお勧めです。

花見といえば、「桜」をイメージしがちですが、「梅」の花見もなかなか良いものです。

スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1999121959072359"
data-ad-slot="9281163825">

2019年の高尾梅郷の梅まつりの情報

高尾梅郷では毎年、梅の見頃時期に合わせて梅まつりを開催されます。

今年の梅まつりは、3月9日(土)と3月10日(日)で午前10時から午後4時まで開放されています。
各梅林では露店がでるほか、琴の演奏や野点なども行われます。

また4つの梅林を回り、抽選で賞品が当たるスタンプハイクもやっています。
せっかく参加されるのでしたら、お勧めです。

そのほか、梅の加工品が食べれたりとイベントもたくさん。

せっかく祭りに参加されるのでしたら、散策に露店に演奏にと有意義な時間を過ごせるのではないでしょうか。

 

高尾梅郷までのアクセス方法

高尾梅郷までのアクセスとしては、JR高尾駅から徒歩約15分、京王線高尾山口駅から徒歩約10分の位置にあります。

また、JR高尾駅北口からはバスも出ています。

駅から小仏行きのバスに乗車し、小名路→駒木野→荒井→蛇滝口→日影バス停下車すぐになります。

 

高尾梅郷に駐車場はある?

車でアクセスする場合は、高尾梅郷専用駐車場はありません。

梅まつりの開催期間は、臨時として木下沢梅林に設けられますが収容台数も決して多くはないので駐車できない可能性のほうが高いです。

ちなみに、高尾山麓駐車場は最大88台までの駐車が可能な大型駐車場ですので、車でのアクセスならこちを利用するのもありかと思います。

料金も入車後、12時間800円と比較的リーズナブルとなっています。