未設定

【意外と知らない?】新幹線を予約するための基礎知識!

新幹線には予約が必要な場合があります。
【指定席】【グリーン車】【グランクラス】の乗車する場合には事前に予約をし席を確保する必要があります。

自由席に関しては、予約は不要です。

新幹線によっては自由席を設けていない列車もあるため乗車するためには必ず予約する必要がある新幹線もあることを覚えておくといいかもしれません。

この記事では、新幹線の予約ができる方法、万が一予約をキャンセルした場合の手数料などをご紹介しています。


新幹線の予約をみどりの窓口で行う

予約方法の一つにみどりの窓口で行うやり方があります。
窓口は各駅に設置されているので目にした人は多いはずです。

窓口の人に口で話ながら予約チケットを購入することができるので迷うことはないでしょう。
乗車予定日や列車を伝え、料金を支払うだけになります。

座席指定も可能です。

新幹線の予約をみどりの窓口で申し込む場合は希望の座席を伝えればOK。

 

新幹線の予約はネットからでも可能

新幹線の予約はみどりの窓口ではなくインターネットから申し込むこともできます。

わざわざ窓口まで足を運ぶ必要もなく、いつでも申し込める大きなメリットがあります。

 

新幹線予約サービスの一つ【e5489】

JR西日本と四国を運行する新幹線を予約できるネットサービスが【e5489】です。

ちなみに【いーごよやく】の語呂合わせです。
最初なんて読むのか分からない人も多かったのではないでしょうか。

e5489で予約した乗車券に関してはクレジットカードで決済しないといけないわけではありません。
窓口やコンビニで現金での支払いに対応しています。

各駅で受け取る場合は、JR西日本、四国、九州の駅で受け取る必要があります。
JR東日本でも受け取り可能ですが、JR東海エリアの乗車券は不可。

座席指定も可能です。

e5489でも予約時にシートマップを利用して座席を選択できます



プラスEXとエクスプレス予約の違い

新幹線の予約をする際に、プラスEXというサービス名を見かけることもあったかもしれません。

プラスEXは東海道新幹線のネット予約サービスでした。
とくにJR指定のクレジットカードの利用の必要はなく年会費は540円でした。

しかし、今はこのプラスEXサービスはエクスプレス予約に統合されました。

エクスプレス予約には年会費1080円かかります。

エクスプレス予約は、東京~博多の区間(東海道、山陽新幹線)の予約が可能となっています。

 

エクスプレス予約にはエクスプレスカードが必須だった

エクスプレス予約を利用するためには、

・エクスプレスカード

・J-WESTカード

の専用カードを登録する必要がありました。
でも、今は新たに提携したクレジットカードに予約サービスを付属させることで利用できます。

座席指定も可能です。
エクスプレス予約ではシートマップをを利用して座席を選べます。

 

新幹線の予約をした場合のキャンセル料は?

乗車券を購入してしまっていたけど乗車できなくなってしまった場合にはキャンセルが可能です。
しかし、キャンセルはできるのですが手数料がかかります。

キャンセル料ではなく【払い戻し手数料】と呼ぶのが一般的です。

指定席を予約した場合の払い戻し料金は、

↓払い戻し日が乗車予定の2日前までの料金↓

・乗車券分 220円
・特急券分 330円
・計 550円

 

↓当日のキャンセルの場合の料金↓

・乗車券分 220円
・特急券分 特急券分の料金30%


が必要になります。

新幹線の運賃料金は【乗車券】と【特急券】それぞれの合計金額になるため各券に手数料がかかってくるイメージになります。