未設定

【2019年】三春の滝桜の開花予想日、見頃時期などお花見情報!

福島県に位置する三春の滝桜は、日本三大桜の一つであり見頃時期になると多くの観光客で賑わいます。

この記事では、三春の滝桜の見頃時期、開花予想日、見どころ、アクセス方法などまとめています。

 

三春の滝桜の見頃時期、2019年度の開花予想日は?

三春の滝桜の見頃時期は、例年4月上旬~中旬にかけて。

3月中旬の今現在ではまだ花は開かずにつぼみのままですが、2019年の開花予想日は4月7日だといわれております。


それからの細かな説明としましては、

・五分咲きになる予想が4月11日
・満開になる予想が4月12日
・桜吹雪になる予想が4月18日

となっておりますのでこれらを参考に花見に訪れると良いでしょう。

ちなみに三春町役場内には誰もが見ることのできる三春の滝桜の映像が見られるライブカメラが設置されてます。

なので、そちらを自分の目で見て把握することが1番リアルタイムでの滝桜の見頃がわかりますので、近場に住まわれている方ならばこちらをチェックするのがおすすめです。

 

 三春の滝桜の見どころは?

三春の滝桜の見どころとしましては、まず推定の樹齢が何と1000年以上とされているベニシダレザクラと呼ばれるとても大きな桜を見れます。

この桜はなんと日本三大桜の1つ。
大正11年10月12日に桜樹として初めて国の天然記念物になっているのです。

ちなみに天然記念物となった際には「三春滝ザクラ」という名前で指定されました。

なんといってもこの三春の滝桜は、四方向に伸びている枝から無数の花びらが咲いているのがとてもきれいで、まるで滝が流れ落ちるように見えるといわれております。

 

ライトアップの開催日程は?

三春の滝桜で、はしっかりと毎年ライトアップされるのですが、その年によってライトアップされる日にちは異なります。

毎年開花状況によって時期は異なるため2019年度の開催日程の発表はまだです。
去年は4月6日~15日にかけてでしたので今年もそのくらいになると予想されますね。


こまめに情報をチェックしておくことをおすすめします。

昼間に太陽の明かりに照らされている三春の滝桜ももちろんきれいなのですが、夜に幻想的にライトアップされた桜の方が見ていて時間を忘れてしまうほどにうっとりしてしまうので是非とも夜に花見に行っていただきたいものです。

 

三春の滝桜までのアクセス方法や駐車場は?

三春の滝桜のアクセス方法としましては、電車で訪れるのであればJR線の三春駅で下車していただきそこからバスで約20分ほどで到着することができます。

滝桜シーズンである4月の中旬頃から下旬までの間は臨時バスとして有料の滝桜号というバスが出ておりますのでそちらをご利用ください。

車で訪れる場合には、磐越自動車道船引三春ICで降りてもらいそこから約20分ほどで到着することができます。

他の行き方としましては、磐越自動車道郡山東ICで降りてもらい、約30分ほど走らせると到着することができます。

 

駐車場はある?

駐車場は停車時間関係なく無料で850台ほど停められるスペースがありますので利用できます。

しかしながらその時によって混雑が予想される場合もございますので、早めに行動することをおすすめします。