未設定

【意外と難しい?】いざという時のために世帯主を理解しておこう!

世帯主って誰を指すのか分からなくなる人もいるのではないでしょうか。
そもそも 世帯主とは、


世帯の中心になっている人

一緒に生活している家族の中心にいる人

を指します。
ふとした時に出てくる世帯主という言葉。

そう何度も必要になることもないかもしれませんが、何かの契約書などに書く必要なときにスラスラ記入できれば安心ですよね。


一人暮らしを始めた人の世帯主はどうなるか?

今までは親と一緒に住んでいたから世帯主は親だったでしょう。

しかし、大学生になったり新社会人のタイミングで一人暮らしをした場合の世帯主はどうなるのか?

一人暮らしを始めた自分自身なのか?それとも今まで通り親が世帯主になるのか悩ましいところです。

判断する材料に住民票の住所によるものがあります。

 

住民票を実家のままにしている場合

引っ越ししたとしても住民票はそのまま実家である人もいるかもしれません。

住民票をそのままにしているのであれば、一人暮らしのために引っ越しをしたとしても世帯主は今まで通り親になります。

 

住民票を引っ越し先に変えた場合

しかし住民票も一緒に引っ越し先に変えた場合は、世帯主は変わります。

一人暮らしをして住所がかわり新しい住宅に住む人が世帯主になります。
なので引っ越しをした本人が世帯主になります。

スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1999121959072359"
data-ad-slot="9281163825">

世帯主との続柄って何?

【続柄】は基本的には世帯主と中心として考えた場合にどの間柄になるのかを明確にするもの。

なので続柄を正しく書こうと思えば当然ですが、誰が世帯主かを理解していないといけません。

一般的な例であれば、お父さんが世帯主の妻と子供の3人家族の場合の続柄の書き方は、

・お父さん 世帯主

・お母さん 妻

・子供 子

となりますね。

もし子供が2人いる場合であっても、長男、次男、長女、次女のように書く必要はありません。
住民基本台帳法により【子】と記載すれば問題ありません。

 

世帯分離した場合の世帯主は?

世帯主は基本的には生活を一緒にする世帯に一人になります。
しかし例外があります。

介護費用を抑える目的で今は世帯分離を行うケースも少なくありません、
世帯分離とは名前のとおり、1つの世帯を2つ以上に分けること。

世帯主は1世帯に1人は必ず登録する必要があります。

なので世帯分離した場合は同じ家で生活をしていても世帯主は2人いることになります。

 

世帯主と戸籍筆頭者の違いって何?

世帯主と戸籍筆頭者とはいったい何が違うのか。

似ているイメージを持つ人は多いと思いますが、厳密には異なる意味合いをもつので中いしましょう。

そもそも戸籍とは家族関係を登録しているもの。
親子の関係や婚姻関係を登録し証明していて2世代単位で作成されます。

戸籍筆頭者とはその戸籍に記載されてる一番初めに書かれている人を指します。

戸籍は2世代で登録されてるので、基本的に母親か父親が戸籍筆頭者ということになります。

でどちらが筆頭者になるのかというと結婚し苗字を変えなかった人になります。
なので多くの場合は夫が戸籍筆頭者に当たると考えられます。