未設定

【レターパック】ライト、プラスの違いは?知っておきたい基礎知識。

いろんな郵送サービスがある中で、意外と便利で利用者の多いのがレターパックになります。

とはいえ、「レターパックをください」と言っても「ライトですか?プラスですか?」と返答が来ます。
レターパックについてよく分かっていない人だと、混乱しちゃいますよね。

このページでは、レターパックのライト、プラスの違いやサイズ、料金、お届けまでの日数などまとめていますので参考にして下さいね。


レターパックにはライト、プラスの2種類があります!

レターパックには2タイプが用意されています。

封筒が青色をしているのが、レターパックライト。
赤色をしていれば、レターパックプラスになります。

では、それぞれにどのような違いがあるのかをチェックしておきましょう。

 

まず、レターパックライト

青色をしたレターパックライトの特徴を簡単にまとめると、

料金:360円
サイズ:340mm×248mm
重さ:4kg
厚さ:3cmまで

ポスト投函が可能で、お客様の郵便受けに配達してくれます。

スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1999121959072359"
data-ad-slot="9281163825">

続いて、レターパックプラス

赤色のレターパックプラスの特徴は、

料金:510円
サイズ:340mm×248mm
重さ:4kg
厚さ:制限なし

同じくポスト投函ができ、直接お客さんに手渡ししてくれるのがプラスのメリットです。

 

レターパックってどこで買えるの?

郵便局に行けば、確実に レターパックを購入することができます。

17時まででなおかつ、平日のみしか営業していないというデメリットはありますが無理なく行けるなら郵便局では間違いがありません。

また、あまり知られていませんが レターパックはコンビニでも買えるんですよ。

とはいっても商品が陳列されてるわけではなく、店員さんに声をかけましょう。
レターパック下さい!と言えば、取り出してくれます。

・・・が、どのコンビニでも用意されてるわけではなく取り扱いのない店舗もありますので確認しましょう。

近くにローソンがあるのであれば、 レターパックが置いてある確率は一番高いですね。

スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1999121959072359"
data-ad-slot="9281163825">

レターパックって実は信書もOK!

レターパックを利用するうえで、大きなメリットなのが信書の郵送がOKであることです。

何かの納品書だったり、注文書、印鑑証明書なんかも レターパックであれば送れるんですよ。

でも、信書おくれるのはありがたいけどなんとなく不安・・・

そう考える人もいるかもしれません。
レターパックにはどちらでも基本的に追跡サービスがついています。

各 レターパックを購入すれば分かりますが封筒に追跡番号が記載されているシールが張り付けてあります。

ポスト投函する前に、シールを保管するのを忘れないようにして下さいね。
あとは、日本郵便の公式ページで追跡番号を入力すれば配送状況を確認できるので安心でしょう。

それでも・・・!!っていう人は少しお値段が上がりますが レターパックプラスを購入しましょう。
先にもお話したように、直接郵送相手に手渡ししてくれるので安心できますよね。

 

レターパックのお届け日数って?

レターパックの嬉しいのが、配達が平日のみではない点です。

土日や祝日であっても配達してくれますので急ぎの場合でも最速で相手に郵送してくれるサービスなんですよね。

また、配送地域にもよりますが基本的には翌日、遅くても翌々日には配達してくれます。
お届け日数も速達というオプションを付けなくても十分満足できるスピードです。

 

まとめ

レターパックプラス、ライトは大きな違いはありませんがプラスのほうがメリットは多いですね。

厚さを気にしなくてもいいのはもちろんですが、対面での荷物を渡してくれるのはありがたいと感じる人は多いと思います。

料金に若干の差はありますが、何を郵送するかでうまく使いわけれますね。

一度、 レターパックの流れを掴めば特に難しいことは何もありませんので上手に活用してみましょう。