未設定

【とってもお得♪】ぷらっとこだまを上手に活用!基礎知識を知っておこう

ぷらっとこだまとは、簡単に説明すると東海道新幹線がお得に乗れるプランのことです。

こだま号の指定席と1ドリンク引換券がセットになっている商品で、大人1名から購入することができます。

ツアーとは異なるので、添乗員は同行しません。

ここで気を付けなければいけないことは、ぷらっとこだまはJR東海ツアーズが販売している募集型企画旅行商品なので、切符ではないということです。

券面に記載された乗車月日・区間・列車の席に限り乗車することができ、それ以外では利用できません。
もちろん自由席でもです。

そんな、ぷらっとこだまの運行区間、どこで買えるのか、予約方法をはじめ知っておきたい注意点などまとめています。


ぷらっとこだまの運行区間

発着駅や乗降改札口は限定されていて、改札口は新幹線専用を利用します。

運行区間は、東京・品川・新横浜・静岡・浜松・名古屋・京都・新大阪の各駅相互間です。

しかし、東京・品川~新横浜間、静岡~浜松間、京都~新大阪間の設定はないので、購入時に渡される「ご利用のご案内」を確認してください。

また、券面に記載さえた区間に限り乗車できるので、たとえ区間内でも途中乗降は認められません。

途中乗降の場合は出発地からの乗車券や特急券が別途購入しなければいけないので、注意が必要です。

 

ぷらっとこだまの料金、時刻表

ぷらっとこだまの料金や時刻表はJR東海ツアーズの公式ページで確認することができます。
http://www.jrtours.co.jp/kodama/#tab

料金に関しては、通常期と繁忙期で値段が異なります。

通常期(2019/2/1~4/26、5/7~7/12、7/16~8/9、8/21~9/13、9/17~20・24~30)

繁忙期 (2019/4/27~5/6、7/13~15、8/10~20、9/14~16・21~23)

利用する時期がどちらに当てはまるかを事前に確認しておくほうがいいでしょう。

スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1999121959072359"
data-ad-slot="9281163825">

ぷらっとこだまはどこで買えるの?

予約の申し込み方法は「インターネット」「電話」「JR東海ツアーズ支店」の3つあります。
これ以外にもエリアによって制限はありますが、JTB各店・JTB総合提携店でも購入することができます。

いずれの場合も空席がある場合のみ購入できます。

また、予約後の変更は取消の扱いとなります。取消の場合、旅行開始日の前日から起算して遡って10日目より手数料がかかるので注意が必要です。

 

ぷらっとこだまの予約方法

インターネット


インターネット(e-ぷらっとネット)を利用してぷらっとこだまを購入できる会員制のシステムです。
会員登録は無料で、24時間いつでも登録することが可能です。

登録方法はホームページ上で行い、代金の決済は本人名義のクレジットカードになります。
予約可能時間は5:30から23:30までで、23:30までに「申込完了」まで行います。

希望の列車の空席状況がリアルタイムで表示されるので、予約も取りやすいです。
出発5日前まで(東京支店お受け取りの場合は2日前まで)購入することが可能です。

電話


「ぷらっとこだまコールセンター」に電話をかけて予約する方法です。
営業時間は10:00から18:00までで、年中無休(年末年始を除く)となっています。

クーポンを郵送で受け取る場合は出発6日前まで、支店で受け取る場合は2日前まで購入することができます。

JR東海ツアーズ支店


出発前日まで購入することができます。
また、料金をクレジットカードではなく現金での支払いを希望する場合も支店での直接申し込みとなります。

通勤や通学の途中に立ち寄りやすい場所に支店があったり、旅行の手配をスタッフの方に相談できたりするので、自分1人での手配に不安がある方は支店での申し込みをおすすめします。

スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1999121959072359"
data-ad-slot="9281163825">

ぷらっとこだまのメリット、デメリット

最大のメリットは東海道新幹線に格安で乗車できることです。

例えば、通常期14140円(片道)かかる「東京・品川~新大阪」のこだま指定席が、ぷらっとこだまを利用すれば10300円となるので、3640円お得になります。

さらに1000円~1500円プラスするとグリーン車指定席にすることもできるので、お得度も高くなります。

 

あくまでもこだま号のみ

しかし、デメリットもあります。
ぷらっとこだまで乗車できるのはこだま号のみで、乗車できる区間が限定されていることです。

予約後は変更ができず、予約変更をしたい場合は一度予約を取り消す必要があります。
また、ぷらっとこだまはJRが定めている学割などの割引は併用できません。

新幹線の乗車切符のように当日窓口で購入するということもできません。
デメリットもありますが、ぷらっとこだまは使い方が色々あり、お得に新幹線こだまに乗ることができます。

JR東海ツアーズのホームページにJR所定運賃料金とその差額やタイムテーブルが記載されているので、興味のある方は参考にしてみてはいかがでしょうか。