未設定

【梅苑の公開】北野天満宮の梅を見にお出かけする前に知っておきたい基礎情報!

北野天満宮は、菅原道真公にゆかりがあると言われている梅の木が有名な神宮です。
梅の木は紅和魂梅、雲龍梅など約50種類あり、その数は合計で約1500本あります。

見頃時期になると大くの観光客で賑わいます。

この記事では、北野天満宮の梅の開花状況、梅苑の公開情報、アクセス方法などまとめています。


北野天満宮の梅の見どころ

梅の花が咲く時期には白や赤、桃色の梅の花が北野天満宮を彩ります。
細い枝に小さくも競うように咲く梅の花たちは、日本ならではの可愛らしさや上品さを感じさせます。


また、梅の木々の周りを歩いていると、ほんのりと梅の香りを感じられます。
京都の観光地としても人気のスポットです。

 

北野天満宮の梅の開花状況、見頃時期は?

そんな北野天満宮の梅の見ごろ時期は、例年2月ごろとなっています。

梅の開花状況はこちらで確認することができますよ。
https://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/ume/index.html

早咲きの梅は12月から1月ごろに咲き始めるものもありますが、多くの梅は2月上旬に梅の花が咲き始めます。
その後、3月下旬まで見ることが出来ます。

沢山の梅の花が花を開いているところを見たいという方には、2月中旬ごろの訪問がお勧めです。

スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1999121959072359"
data-ad-slot="9281163825">

今年の北野天満宮の梅苑公開期間は?

2019年の梅苑の公開情報をご紹介します。
北野天満宮の梅苑は、毎年開花状況によって公開時期と終了時期が変動します。

2019年は、2月8日(金)に開苑されました。
終了時期は、現時点では未定ですが、例年3月下旬に終了しています。


梅苑の公開時期には、お茶とお菓子を提供する茶屋も開かれます。

梅を見ながらお抹茶やお煎餅、おまんじゅうを楽しむことが出来ます。
この時期には毎年多くの観光客が訪れます。

 

梅苑の公開時間と入場料金

梅苑の公開時間は9時~16時までとなっています。

入場料金は、大人800円(中学生以上)、こども400円。
入場料金にお茶やお菓子の料金も含まれています。

また、30名以上の団体の場合、1割引 となります。(25日、土・日曜、祝日は対象外です)

スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1999121959072359"
data-ad-slot="9281163825">

梅苑のライトアップ期間

土日の日没から20時までは、梅の木をライトアップしています。
キャンドルのあたたかな光にライトアップされた幻想的な梅の木を楽しむことが出来ます。

2019年のライトアップの日程は以下の通りです。

〇2月〇

2/22(金)・2/23(土)・2/24(日)

〇3月〇

3/1(金)・3/2(土)・3/3(日)
3/8(金)・3/9(土)・3/10(日)・3/15(金)・3/16(土)・3/17(日)

ライトアップされた梅の花を観賞したい方は、ぜひこの日程にお越し下さい。

 

北野天満宮までのアクセス方法(公共の乗り物で行く場合)

スムーズに入場したい場合は、公共機関の利用をお勧めします。

バスを利用する場合、「北野天満宮前」というバス停があり、そこで降りると北野天満宮にすぐに到着することが出来るため、とても便利です。

バスも混雑していることが多いですが、1つ手前のバス停で降りて歩くなどという工夫をするとスムーズです。

バスの利点は、料金が安く、混雑していても必ず北野天満宮前に到着するので迷子になる心配もない点です。
本数も多いので、バスはお勧めです。

電車を利用する際は、「四条」方面や、「嵐山」方面からの訪問が便利です。

もしくは、JR京都駅から、地下鉄とバスを乗り継いで訪問することもできます。
バスよりも料金が高くなってしまいますが、混雑を避けたい方にはお勧めです。

 

北野天満宮まで車で行く場合は?駐車場はある?

北野天満宮は、京都市上京区馬喰町に位置しています。

車で行く場合、名神高速道路南インター又は東インターより約30分で行くことができ、無料の駐車場が設けられています。

しかし、梅苑の開苑時期は駐車場が混雑していることがほとんどです。
また、周辺の道路の渋滞も想定されます。