未設定

【2019年度】観音寺川の桜の開花状況、さくら祭り日程情報!

桜の名所として有名な観音寺川は、福島県の猪苗代町を緩やかなカーブを描いて流れています。
護岸工事がなされていないため、自然のままの姿を残しており、清く澄んだ水が静かに流れています。

観音寺川を覆うように、両岸に約200本のソメイヨシノの桜が咲いており、まるで桜のトンネルの中を川が流れているかのようです。

そんな観音寺川の桜の2019年度の開花予想、さくら祭り日程、アクセス方法などまとめています。


観音寺川の桜の開花情報

上流の観音寺から磐越西線川桁駅まで、約1Kmに渡って観音寺川の両岸が満開の桜で薄紅色に染まります。

また、ソメイヨシノの他にもシダレザクラやヤマザクラ、エドヒガンがあり、色とりどりの桜が東北に春の訪れを告げます。

なお、観音川の桜は、東北桜の札所11番に登録されています。

2019年度の観音寺川桜の開花予想は、

・4月27日:五分咲き
・4月28日:満開
・5月2日:桜吹雪


観光協会の公式ページにて桜の開花状況が随時確認できますのでチェックおくとスケジュールが立てやすいですね。
http://www.bandaisan.or.jp/blog.html?id=18463

 

観音寺川の桜まつり、ライトアップ情報

2019年4月19日(金)~5月6日(日)まで、川の中流にある大山祗神社を中心に、「観音寺川桜まつり」が開催されます。

・入場時間:制限無し
・入場料:無料

桜まつりの期間中には、和太鼓演奏や花見茶会、バンド生演奏などのイベントが催されます。

また、だんごやクレープ、たこ焼き、お弁当、地元の名産品などを販売する屋台が多数出店され、祭りに色を添えます。昼時には、花見客が桜の下にシートを広げて食事を楽しんでします。

そして、観音寺川桜まつりの最大の見どころが、夜間に行われるライトアップです(18:30~22:00)
七色に変化する光によって桜が多様な雰囲気を醸し出し、その幻想的な美しさが見る者を魅了します。

スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1999121959072359"
data-ad-slot="9281163825">

観音寺川までのアクセス方法、駐車場

・住所:福島県耶麻郡猪苗代町川桁(観音寺川畔)
・電車:JR磐越西線川桁駅から徒歩1分
・バス:猪苗代駅からシャトルバスが運行
・車:JR磐越西線猪苗代駅から約7Km(15分)、磐越道猪苗代磐梯高原ICより国道115線経由約4Km(10分)
・駐車場:桜並木の上流、県道322号線沿いに「新屋敷上川原駐車場」があり、収容100台(無料)

 

観音寺川の桜の見どころは?

観音川の土手では草が緑に萌え、水仙などの春の花が咲き誇っており、桜とのバランスが絶妙です。
また、土手を降りて、緩やかな川の流れに沿って川岸を散歩することができます。

川のせせらぎを聴きながら、桜並木を満喫できるのが観音寺川の魅力になっています。

川の中間にある小さな橋からは桜並木の全景を見渡すことができ、絶景の撮影ポイントになっています。
桜のトンネルをくぐりながら川岸を散策できるスポットは、全国でもそれほど多くありません。


なお、土手を歩いていると、桜の隙間から遠くに磐梯山の稜線を見ることができます。