未設定

【送りかた分かってる?】意外と知らない簡易書留の基礎知識!

通常の郵送方法ではポスト投函が基本であり、また補償や追跡サービスもないですよね。
しかし大事な荷物を送りたい場合に安心できるサービスが簡易書留になります。

簡易書留は、送り先の相手に手渡ししてもらえる郵送方法。
なのでポスト投函ではないので確実に相手に荷物を届けれる配達方法になります。

相手が不在の場合でも荷物ではなく不在票が相手に渡され再配達にて手渡しされますので安心ですよね。

また 簡易書留には5万円まで保証もされます。

 

簡易書留の料金


上記の画像の料金が郵便料金になります。
簡易書留は通常の郵便料金に310円を加算して金額になります。

・定形外郵便
・定形外郵便物
・ゆうメール

といった郵便料金に 簡易書留代を足すだけです。

定形郵便物の場合の簡易書留料金

25g以内

82円+310円=392円

50g以

92円+310円=402円

定形外郵便(規格内)の場合の簡易書留料金

50g以内

120円+310円=430円

 

100g以内

140円+310円=450円

 

150g以内

205円+310円=515円

・・・というように料金を計算できます。

簡易書留の配達日数

簡易書留を利用したとしても配達日数は通常の郵便とそれほど変わりはありません。
1日~2日程度の日数はかかると思ってるほうがいいでしょう。

簡易書留は平日だけではなく土日を含む休日にも配達されます。

ただ 簡易書留には速達サービスを追加することもできます。
速達サービスを利用することで翌日に届く可能性が高くなりますが速達分の料金も加算されます。

通常の郵便料金+ 簡易書留代+速達代ということですね。

簡易書留で速達を追加した料金

例えば定形郵便で簡易書留のサービスを追加し速達オプションを利用した場合の料金はどうなるのか。
まずは速達料金がこちらになりますので、

25g以内

82円+310円+280円=672円

50g以内

92円+310円+280円=682円

になります。

簡易書留には追跡サービスもあり

簡易書留であれば追跡が可能です。
追跡はネットを利用しいつでも確認できますのでより安心感があります。

相手に届いたかどうかを調べれることも 簡易書留を利用する大きなメリットといえるでしょう。

追跡番号に関しては、 簡易書留を郵便局で手続きする際に受領証を渡されるのでそこに書いてます。

簡易書留の送り方

簡易書留は何か専用の封筒を用意する必要はなく普段利用している封筒で問題ありません。

ただ、注意したいのが簡易書留は郵便局でのみ手続きができるということです。
コンビニでは簡易書留の郵送はできませんしポスト投函もダメです。

間違ってポストに入れてしまった場合は通常の郵便として郵送されますので注意が必要です。
24時間営業を行っているゆうゆう窓口では簡易書留の手続き可能なので活用してみるのもいいでしょう。