未設定

【百段ひな祭りも大人気!】目黒雅叙園の百段階段を楽しむために知っておきたいこと!

目黒雅叙園は非常に歴史のある建物であり、日本初の総合結婚式場としても有名です。
映画「千と千尋の神隠し」に登場する油屋のモデルとしても注目を集めました。

さらに、目黒雅叙園といえば「百段階段」が有名ですね。

東京都の有形文化財にも指定されている百段階段は、式場へ行く予定が無くても見学をしたい魅力的なスポットです。

目黒雅叙園と百段階段の見どころをはじめ見学方法や料金、百段雛まつり2019についてやアクセス方法、駐車場などご紹介しています。


目黒雅叙園と百段階段の見どころ

百段階段に向かうまでも見どころが沢山。

目黒雅叙園館内は、廊下や照明、エレベーターに至るまで美しい装飾が施されているのです。

このエレベーターは、非常に大きなサイズであることも特徴です。
さらに、非常に繊細な花の漆工芸の装飾にも驚かされることでしょう。

「百段」階段とあるものの、実際には99段しかないという階段にも注目したいところ。

百段目が完成していないため、今後も発展していくという意味も込められているのです。

煌びやかな装飾や木目や色彩が鮮やかな木彫、金箔等も使用されており豪華さは圧巻。

「昭和の竜宮城」とも称される美しさが最大の見どころです。

 

百段階段の見学や料金

しかし、百段階段は一般公開はされていないため注意が必要。
百段階段イベント開催時にのみ見学が可能でありになります。

イベント時にはアート作品とのコラボレーション等を見学することが出来ます。

そのため百段階段の見学料金もイベントごとによって異なります。

公式ページでイベントのスケジュールを確認し、興味のあるイベントを行っている期間に訪れましょう。

スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1999121959072359"
data-ad-slot="9281163825">

百段雛まつり2019

百段階段のビックイベントでもあるのが、百段雛まつりです。

豪華な装飾で飾られている百階段に展示される、雛人形や飾りは多くの来場客を魅了しているんですよ。

2019年は、1月18日~3月10日までが開催期間となっています。

入場料は、一般で1,500円、学生さんなら800円で鑑賞ができます。

 

目黒雅叙園(ホテル雅叙園東京)までのアクセス方法

目黒雅叙園まで電車を利用してのアクセスの場合はの最寄り駅はJR「目黒駅」

駅から徒歩5分ほどの場所にある目黒雅叙園ですが、入り口までの道のりは少々分かりにくいことが特徴でもあります。

1.「目黒駅」中央改札西口方面へと出ましょう。
2.点があるため、渡って斜め右方向に進みます
3.行人坂を下ります
4.左手に神社が見えてきたら、そのまま直進
5.目黒雅叙園の入り口があります。

ホテルは無料のシャトルバスも利用可能です。

道が分からない場合や、坂の上り降りが難しい場合にはシャトルバスを利用しましょう。

 

目黒雅叙園の駐車場情報

目黒雅叙園には車でのアクセスも可能。

専用の駐車場の用意もありますので利用することで目黒雅叙園までの移動は非常に楽ちん。

地下1階および2階が駐車場になっていて、収容台数は160台。
350円/30分毎の駐車料金が発生します。