未設定

【節税になるかも!】医療費控除を知らないと損するご家庭も・・

医療費も確定申告をすれば返ってくることは聞いたことがある人も多いと思いますが、申告は面倒だし、そもそも申告の仕方が分からない方も多いですね。

確定申告は、申告対象となる年の1月1日から12月31日までの間で得た収入と、その金額によって支払った税金額を税務省に申告することを指します。

確定申告の中で、医療費は所得の控除として申請できる費用です。

1年間に家庭内で10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部が還付されます。

ただし医療費が10万円以下でも控除を受けられることもありますので、詳しくは国税庁のホームページ、税理士または所轄の税務署にご確認ください。


医療費控除のエクセル・フォーマット

医療費控除を確定申告で提出しようと考えてる人は医療費控除をを受けるための準備が必要です。

医療費の領収書が多い場合はエクセルで入力する医療費集計フォームを利用すると非常に便利なので活用してみましょう。

医療費控除のためのフォーマットは国税庁の公式ページからダウンロードすることが可能です。

 

医療費控除の計算方法

医療費控除額の計算方法は、下記の通りです。

医療費控除額=(医療費控除の対象になる医療費-保険金等で補てんされた金額)-10万円(総所得200万円未満の人は総所得金額等×5%)

 

医療費控除と高額医療費の違いって?

「医療費控除」

納税者本人や生計を共にする家族のために医療費を支払った場合、申告することで、一定の金額(多くの場合は10万円を超える金額)を所得から差し引く税金に関する制度で、要するに税金が安くなる制度です。(こちらは税金)

「高額医療費」

思わぬ入院などによって、一定の金額(自己負担限度額)を超える医療費を支払った場合、申請することで、その超えた部分の医療費が加入先の医療保険者から戻ってくる制度です。
(こちらは保険適用となる医療費)


医療費控除と高額療養費の併用

医療費控除と高額療養費の併用はできますが、高額療養費の支給は、

診療月から3カ月以上かかるので仮に年をまたいで支給された場合、医療費を支払った年の確定申告で医療費控除の「補填された金額」でマイナスをしなければならないのでご注意ください。

 

医療費に対象になるもの

ひとくくりに医療費といっても、対象となるものとならないものがあります。
医療費控除の対象になるものは治療のための医療費です。

予防のための医療費は対象にはなりません。

例えば、薬局で買った市販の風邪薬も対象になりますが、健康増進のビタミン剤や漢方薬は対象外ですし、入院の部屋代、食事の費用は対象ですが、自分の都合で利用する差額ベッド代は対象外といった具合です。

間違えやすいのが、病院までの交通費は対象なりますが、マイカーで行った時のガソリン代や駐車料金は対象外ですのでご注意ください。

 

期間と期限には注意

また誤解されやすいのが「期間」と「期限」についてです。

その年の確定申告の対象になる医療費控除対象の「期間」
前年の1月1日~12月31日の1年間

医療費控除を確定申告できる「期限」
受付の期間はその年によって開始時期が異なりますが、1月の中旬から終了日は3月15日で毎年同じです。

医療費控除を「申告できる申告の『期限』
5年間(前年12月31日から逆算しての5年前の1月1日まで遡ることができます)

 

出産での医療費控除の対象になる費用とそうでない費用

《医療費控除の対象となるもの》
妊婦健診費・診療費・治療費・入院費・分娩費
入院時に提供される食事代
妊娠中の定期検診・出産費用
通院や入院のための交通費
陣痛が始まった時のタクシー代
助産師による分娩の介助料
流産した場合の手術費・入院費・通院費
不妊症の治療費や人口授精の費用など、治療目的のもの

《医療費控除の対象とならないもの》
医師や看護師に対するお礼
医師の指示ではない差額ベッド代
マイカー通院のためのガソリン代や駐車代
里帰り出産で帰省する際の交通費
予防や健康のためのビタミン剤や健康ドリンク代
予防接種注射の費用など、主に美容目的や予防、健康増進のもの

このように、医療費控除は知らない人にとっては難しく感じてしまうかもしれません。

当てはまれば節税につながりますので、ご家庭の医療費をチェックしておいたほうがいいかもしれませんね。