未設定

【2019年度】いなべ市梅林公園の梅まつりの基本情報!

三重県いなべ市のいなべ市梅林公園。

鈴鹿山系の一角に位置するこの公園は、およそ100種類・4000本もの梅が植えられた東海エリアで最大級の梅園です。

この記事では、いなべ市梅林公園の梅の見頃、開花情報、梅まつり、アクセスなどまとめています。


いなべ市梅林公園の梅の見どころ、見頃時期は?

いなべ市梅林公園の梅の見頃は例年、3月いっぱいとおよそ1ヶ月の期間。

梅林公園は、いなべ市農業公園の一部で、他にエコ福祉広場というゾーンが設けられています。

北側のエコ福祉広場にはバラ園やパークゴルフ場があり、地元の野菜を使った料理をビュッフェ形式で食べられるレストランも営業しています。

梅林公園には桜苑やブルーベリー園もありますが、その名の通り梅林が大部分を占めています。


三重の観光公式ページで開花情報を確認することができますよ、2月22日時点で三分咲きです。
https://www.kankomie.or.jp/spot/flower/calendar.html

春を迎えると、色とりどりの梅の花が咲き乱れる梅林公園。
そうした花梅の競演を楽しんでもらおうと、毎年3月に開催されるのが梅まつりです。

 

2019年のいなべ市梅林公園の梅まつり開催期間

今年2019年のいなべ市梅林公園の梅まつりは、3月上旬から下旬にかけての開催が予定されています。

毎年、今後の気温や梅の開花状況で日程は変わります。

場所はいなべ市梅林公園で、時間は午前8時30分から午後4時までです。

スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1999121959072359"
data-ad-slot="9281163825">

梅まつりの入園料金、イベント情報

入園料金は大人が500円で小学生以下は無料
大人20名以上の団体で行くと400円への割引きが受けられます。

イベントとしては3月9日(土曜日)と3月10日(日曜日)に、地元いなべ市や近隣地域のグルメや特産品が一堂に会するうまいもの市の開催が予定されています。

またそれ以外の平日であっても、大道芸や猿回しの公演、苗木販売が行われ、また飲食・物販店舗が11店舗出店するとのことですので、十分に楽しむことができるでしょう。

 

いなべ市梅林公園までのアクセス方法

公共交通機関を利用する場合、三岐鉄道北勢線の終点阿下喜駅で下車し、タクシーでおよそ20分の距離です。
北勢線へは、JR・近鉄・養老鉄道の各桑名駅に近接した西桑名駅から乗車することができます。

車を利用される場合は、名古屋方面からだと東名阪自動車道の桑名ICよりおよそ50分となり、また名神高速道路の関ヶ原ICからだと40分程度です。

一方、関西・北陸方面からですと、名神高速道路八日市ICからおよそ70分、同関ヶ原ICから40分程度で、東名阪自動車道の四日市ICからだと50分ほどの距離です。

 

駐車場は?

梅林公園には無料の駐車場があって、およそ500台収容できます。
ただし、梅まつり期間中は混雑するために満車となり、入場まで数時間も待たされることがあります。

周辺の道路も渋滞しますので、可能ならば公共交通機関を利用するとよいでしょう