未設定

【仏教行事】知っておきたい法要のこと!

法要とは故人を供養するための仏教行事

四十九日を迎えると忌明けと考えられているためそれ以降の法要に関しては年忌法要となります。

亡くなった時から49日目までは審判がくだされていると考えられています。

この期間中に7日おきに極楽浄土に行けるかどうかの裁きが下されると考えられています。

そのため49日目までの7日おきに裁きにあわせて法要を行うのが一般的とされているんですね。


忌日法要早見表

※亡くなった日から数えた日数

〇初七日(7日目)〇
しょなぬか

〇二十七日(14日目)〇
ふたなぬか

〇三七日(21日目)〇
みなぬか

〇四七日(28日目)〇
よなぬか

〇五七日(35日目)〇
いつなぬか

〇六七日(42日目)〇
むなぬか

〇七七日(49日目)〇
なななぬか

〇百日(100日目)〇

忌日法要の中でもとくに重要なのが初七日と四十九日であるといわれています。

最近では葬儀当日に初七日の法要をおこなうケースも少なくはありません。

初七日、四十九日以外の法要に関しては遺族のみで行うのが一般的です。

 

年忌法要早見表

〇一周忌(満一年目)〇

〇三回忌(満二年目)〇

〇七回忌(満六年目)〇

〇十三回忌(満十二年目)〇

〇十七回忌(満十六年目)〇

〇二十七回忌(満二十六年目)〇

〇三十三回忌(満三十二年目)〇

一周忌、三回忌、七回忌の法要に関しては親族はもちろん関係性が近かった知人もお呼びして法要を行うのが一般的となっています。

七回忌以降は身内で法要を行います。


法要はいつまで行うのか?

基本的にはどこまで法要を継続するのかは親族が考え自由に決めても問題はありません。

近年の傾向では三回忌までで法要の規模を縮小するケースも多くなっています。

それまでの法要を省略していたとしても三十三回忌(満三十二年目)の法要を最後にするのが一般的となっています。

三十三回忌に弔い上げつまり成仏したとして考えられ年忌法要を終えます。

 

法要の案内状の文例

法要に知人にも参列していただく場合は案内状をお送りするのが基本です。
作成時には【、】【。】を使わないように注意しましょう。

大事になってくるのは、

・誰の何回忌の法要
・どこで行うのか
・会食の有無

がしっかりと伝わるように記載します。
案内状はおよそ1ヶ月前には送るよう準備をしておきましょう。

【文例】
※誰の何回忌の法要なのか※
さて来る〇月〇日は〇〇の一周忌の法要を営むこととなりました。

※会食がある場合※
法要後は粗宴を用意いたしております。

 

【法要】お香典の相場

法要の案内が送られるということは故人との関係性が深かったことが考えられます。
一般的には法要に参列する度にお香典を用意するのがマナーであると言われています。

〇親族の場合〇
法要のみ:1~2万円
会食有り:2~5万円

〇関係性がより深かった場合〇
法要のみ:1~3万円
会食有り:3~5万円

〇一般的なお付き合いの場合〇
法要のみ:5~1万円
会食有り:1~3万円

※あくまでも相場となりお香典の金額に決まりはありません。