未設定

【3月が見頃】箕郷梅林の梅まつり開催・観梅情報!

箕郷(みさと)梅林は榛名梅林、秋間梅林と並んで群馬三大梅林の中の1つとして知られています。

見頃時期になると多くの人が観梅に訪れます。
同じくして、みさと梅まつりも開催され3月いっぱいは例年どおり混雑が予想されるでしょう。

この記事では、箕郷梅林の梅の開花状況、梅まつり、アクセスなどまとめています。


箕郷梅林の見頃時期、開花状況

関東平野が見渡せる景色の良い標高100~400ほどの高台にあり、見頃は3月上旬から下旬までの間。

三百ヘクタールの敷地の中で約10万本の大量の梅が植えられており、白加賀などの白い梅の花が所狭しと咲き乱れている景色を楽しむことができます。


箕郷梅林の開花状況は、榛名観光協会の公式ページで確認することができますよ。
http://harunavi.jp/

同時期には早咲の桜、河津さくらも見頃で合わせて楽しむことができます。
ビューポイントとしておすすめなのが、善地の展望台からの眺望です。

 

2019年の箕郷梅林の梅まつり『みさと梅まつり』

箕郷(みさと)梅林では、見頃時期になるとみさと梅まつりが開催されます。

☑開催期間:3月1日から下旬まで
☑会場:善地会場とカニ沢会場


2つの会場で毎年みさと梅まつりというお祭りを開催しています。

お祭りの目玉は梅を鑑賞しながら、梅の木の素で本格的なお茶を堪能できる梅見茶会と梅を切った枝や、梅のジュース、梅のお饅頭など梅づくしの嬉しい無料配布を行う梅枝・ume味満喫キャンペーンの2つです。

どちらも梅好きならたまらない、目と鼻と口を一度に楽しませることのできる国内随一のイベントとなっています。

また、その他余興として日光猿軍団の有名なお猿さんが竹馬のりやバク転などの芸を披露してくれたりして観光客を楽しませてくれます。

スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1999121959072359"
data-ad-slot="9281163825">

箕郷梅林までのアクセス方法、駐車場は?

箕郷梅林までのアクセスは電車でお越しの場合は、JR高崎駅の西口(2番のりば)からバスが出ています。
行き先は浜川経由箕郷行きまたは伊香保行き、もしくは沖経由箕郷行きで30分ほど。

四ツ谷バス停留所で下車して会場までさらに30分から40分ほど歩きます。

お車の場合は、前橋インターチェンジ高崎・長野方面出口で下り、国道17号線で約4キロほど進み、「並榎町」の信号を右折します。

しばらく直進して県道126号線で榛名湖方面に進み、約2キロほどで左折すると到着します。
会場付近に普通車300円の駐車場があります。

 

まとめ

標高4百メートルの高台から、美しい梅林を見渡すことができるほか北に見える榛名山、東に見える赤城山、そして西に見える妙義山と群馬県の誇る名峰3山をも見ることができます。

梅まつりでは、お土産はカニ沢会場の奥にはぐくみ梅加工場という梅の加工品を製造販売している工場があり、そこでも梅干しや梅ジュース、梅饅頭などを買い求めることができます。

ちなみにこちらでは6月に梅もぎ、梅漬け体験をできるイベントも開催しており、体験料3800円を支払えば梅もぎと梅漬けの体験ができるほか、なんと6キロ樽の持ち帰りができます。

梅好きの方にはたまらないイベントと思いますのでぜひ参加してみてください。