未設定

【2019年度】五稜郭公園の桜の開花予想日、アクセス情報まとめ

北海道の桜の名所といえば、五稜郭公園は外せませんよね。

本州とは違い桜の開花が遅いこともあって、見ごろ時期がゴールデンウイークと重なるため全国各地から来場客が訪れます。

そんな、五稜郭公園の2019年度の桜の開花予想日、営業時間、アクセス方法などのお花見情報をまとめていますので参考にして下さい。


五稜郭公園の桜の開花予想日、見ごろ時期

2019年度の五稜郭公園の桜の開花予想日は、4月27日。
満開は5月1日だと予想されています。



五稜郭公園の桜の見頃時期は、例年、4月下旬から5月上旬くらいですので今年も大きな時期の差はないと考えられています。

スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1999121959072359"
data-ad-slot="9281163825">

五稜郭公園の桜の見どころは?桜まつりやライトアップはある?

五稜郭公園の桜の時期の見どころですが、やはり、敷地内にある五稜郭タワーの展望台から見ることが出来る、ピンク色の桜の花びら(約1600本のソメイヨシノなど)に美しく彩られた星形の城塞跡・お堀でしょう。

特に、独特な形状をしたお堀の青色と桜のピンク色のコントラストはここでしか見ることが出来ない、とても美しくユニークな展望風景なので、一見の価値ありです。

五稜郭公園では例年、ライトアップもされ夜桜も楽しめます。

約400個の提灯を用いた「花見電飾」と呼ばれるこの幻想的なライトアップは五稜郭タワー脇のエリアで行われ、期間は2019年4月27日から5月12日、時間帯は19時から21時の間、となっています。

 

五稜郭公園までのアクセス方法

五稜郭公園(北海道函館市五稜郭町44)までのアクセス方法ですが、最初に公共交通機関を使った方法をお伝えします。

最寄り駅ですが、函館市電の五稜郭公園前停留所となります。
そこで降りて、北の方向に大通り(571号)を歩いて、約15分で目的地到着です。

次に車を使う方法をお伝えします。

最寄りインターチェンジは函館新外環状道路の「赤川IC」となります。
そこで降りて、347号を経由して南西に約13分ほど走ると目的地到着となります。

 

五稜郭公園には駐車場はない?

五稜郭公園には残念ながら駐車場はありませんので、近隣の駐車場を探して停める必要があります。

主なところでは、五稜郭タワーに徒歩約2分で行ける場所に有料駐車場があります。
名称は、函館市五稜郭観光駐車場でして、97台停められます。料金は1時間・200円で、以降30分毎に100円となります。

その他、函館市芸術ホール駐車場などもあります。

 

まとめ

北海道函館市五稜郭町(ごりょうかくちょう)にある五稜郭公園は、独特な星の形状をした城塞跡があることでよく知られていますが、美しい桜が楽しめるお花見スポットとしても大変有名です。

お堀・城塞跡をきれいに彩る満開の桜を見物しに、毎年、多くの観光客がこの地を訪れます。

そして、このお堀内を周遊できる貸しボートも利用可能なので、一風変わった、お堀内部からのアングル
で桜を楽しむことも出来ます。

また、公園内はお花見をしながら宴会を楽しむ方なども多く、例年、大変な賑わいを見せています。
ジンギスカンセットの販売なども行われ、多くのお花見客に喜ばれています。