未設定

【2019年度】幸手権現堂桜堤のお花見、さくらまつり情報!

幸手権現堂桜堤は関東有数の桜の名所ですね。

1000本のソメイヨシノが長さ1㎞にわたって咲き誇る桜色、その下に広がる広大な菜の花畑の黄色、そして澄み渡る青空の3色のコントラストはまさに絶景だと人気です。

この記事では、幸手権現堂桜堤のお花見、2019年の桜まつり開催情報、アクセスなどまとめています。


幸手権現堂桜堤の桜の見頃、開花状況

2019年度の開花予想は、

・開花日3月27日
・五分咲き4月2日
・満開4月4日
・桜吹雪4月10日

となっています。

幸手権現堂の桜堤は約1㎞にわたって続く約1000本のソメイヨシノの見事なトンネル下出来上がり、トンネル内をのんびり歩けば春満喫気分は約束されたようなものです。

一面を黄色く染める菜の花のじゅうたんはさわやかに広がり、春の爽快感を感じさせてくれます。

日没から22時頃まで堤中央の峠の茶屋付近の桜がライトアップされますから、幻想的な夜桜も楽しむことが出来ます。

権現堂公園では桜のあとも6月~7月にはアジサイ、9月から10月はヒガンバナ、1月~月は水仙を楽しめます。

スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1999121959072359"
data-ad-slot="9281163825">

2019年度の幸手桜まつり

幸手権現堂桜堤では、桜が見頃時期を迎えると桜まつりを開催します。

今年は、3月25日~4月9日のシーズン中は桜まつりが開催され、約100店舗の露店が出店するほか様々なイベントが行われ多くの花見客でにぎわいます。

桜堤特設テントでは幸手物産展として、幸手市内の弁当屋、和菓子屋、酒屋などのお店が10店前後出店して花見客をもてなしてくれるのです。


さくら饅頭、さくら羊羹、さくら稲荷ずしなどの桜まつりにちなんだ食べ物が多数販売されます。

幸手アート散歩は彫刻やイラストを楽しみながらスタンプラリーを行うというもので、幸手アート散歩の台紙は駅前案内所や桜祭り会場で配布されています。

3月31日にはさくら親善大使引継ぎ式で、3人の新しく親善大使に選ばれた女性たちのお披露目があり、親善大使は1年間幸手市のPR活動を行います。

4月6日と7日には幸手物産フェアがおこなわれ、市内の20を超える事業所が自社の商品を販売します。

4月7日には人気のイベントの熱気球体験が権現堂公園3号公園において開催、大人1500円、子供1000円です。

 

権現堂桜堤までのアクセス方法

電車でのアクセスでは、東武日光線の幸手駅が最寄り駅となりますから、幸手駅から徒歩かバスなどを利用することになります。

徒歩の場合は30分くらいかかりますから、苦手な方は180円でリーズナブルなバスを利用しましょう。

車でのアクセスは、圏央道の幸手ICと東北道の久喜IC、加須ICが最寄りのインターチェンジとなります。

幸手ICからの所要時間は約10分、久喜ICからは約20分、加須ICからも約20分程度の時間でたどり着くことができるでしょう。

 

駐車場はある?

幸手桜まつりが開催される権現堂公園には駐車場がありますが、幸手桜まつりの期間中は有料になっています。

普通車は500円で第一から第三駐車場まであり、約900台の駐車が可能で利用時間は午前7時から午後10時までです。