未設定

【とっても便利!】特急列車サンダーバードの知っておきたい基礎知識!

特急サンダーバードはJR西日本及びJRいしかわ鉄道が大阪駅から金沢・和倉温泉間を運行する特急列車です。

681系・683系特急型電車が主に車両として使用されています。

普通列車(指定車両・自由席車両)とグリーン車を連結し、東海道本線・湖西線・北陸本線・JRいしかわ鉄道線・七尾線経由で運行しています。


サンダーバードの路線図・運行状況

サンダーバードの遅れや運行状況は事前にJR西日本の公式ページにて確認も可能です。
https://trafficinfo.westjr.co.jp/sp/express.html?id=12

 

サンダーバードの停車駅

サンダーバードの停車駅は23駅

大阪・新大阪・高槻・京都・堅田・近江今津・敦賀・武生・鯖江・福井・芦原温泉・大聖寺・加賀温泉・小松・松任・金沢・津端・宇野気・高松・羽咋・良川・七尾・和倉温泉

あります。

全部の列車が湖西線経由で大阪駅を発車区として運転されています。
湖西線が運転見合わせになった時は米原駅経由で迂回運転されることもあります。

 

サンダーバードの予約方法

サンダーバードは人気のある特急電車なので、事前に座席を予約・購入しておくと安心して乗車できます。

予約方法はインターネットとみどりの窓口があります。

インターネットで予約する場合はJR西日本が提供している「おでかけネット」から予約できます。

その場合「e5489」の会員になると便利です。

ネット予約もいいところは予約状況や空席状況を確認しながら予約ができる点でしょう。

スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1999121959072359"
data-ad-slot="9281163825">

自由席とグリーン車両

サンダーバードの切符は駅の窓口で購入することが可能です。
自由席とグリーン車両席では値段が異なります。

自由席は特急料金を支払えば乗車でき、自由席よりもゆったりとしたシートで快適に乗車したい場合はグリーン車料金を追加します。

 

予約は乗車予定日の1ヶ月前から可能

座席表を見ながら自分の好きな座席を選ぶことができ、乗車の1ヶ月前の午前10時10分から購入することが可能です。

もしインターネットの操作に不安がある場合はみどりの窓口でも購入できます。

購入に関してや乗車方法に関してなど、不明な点は駅員に質問すれば丁寧に返答してくれます。

また、電話で予約する方法もあります。
電話で予約した場合は駅で支払いをし、切符を受け取ります。空席状況も電話で確認することも可能です。

 

サンダーバードは予約なしでも乗車できる?

サンダーバードには自由席が設けられているので、乗車券と特急券を購入すれば予約なしでも乗車することができます。

サンダーバードの自由席は列車によっても異なりますが、5号車~7号車が自由席となっています。

自由席の場合も乗車券と自由席特急券が必要です。もちろん自由席ではなく指定席の切符も事前予約なしで当日購入することができます。

指定席は空きがあった場合のみですが、着席の保証がされているので安心して乗車することができます。

指定席に乗車する場合、乗車券と指定席特急券の購入が必要になります。

繁忙期や土日祝日など、自由席が満席に近い状態になることもあるので注意しましょう。

 

ビジネスサンダーバードとは?

「ビジネスサンダーバード」という臨時の列車もあります。

このビジネスサンダーバードは毎週月曜日(休日の場合は火曜日)のみ運行していて、大阪駅発金沢駅行きの列車が1本運転されています。

停車駅は新大阪・京都・敦賀・武生・福井・芦原温泉・小松駅です。