未設定

万博記念公園のイベント情報!2019年度の桜の開花予想、さくら祭り開催期間は?

太陽の塔をはじめとしたミュージアムなどの施設があり、日本万博博覧会の跡地である人気の観光地の万博記念公園。

年間を通して、様々なイベントが開催され春先になると桜も見頃を迎えます。

この記事では、万博記念公園のイベント、お花見情報、アクセスなどまとめていますので参考にして下さい。


万博記念公園のイベント情報

万博記念公園では毎月多くのイベントが開催されています。

企画展、スポーツ体験、自然を楽しめる観察会など・・・
イベント内容は多岐にわたります。

万博記念公園で行われる開催予定のイベントはもちろん開催中の情報はいつでも公式ページにて確認することができます。
https://www.expo70-park.jp/events/during-events/

 

万博記念公園はさくらの名所としても人気?

太陽の塔が印象的な万博記念公園、そこをピンク一色に染め上げる桜は、「万博記念公園の桜」として、全国的にも大変有名です。

ソメイヨシノを中心におよそ5500本が美しく咲き乱れ、その可憐で荘厳な景色は「日本さくら名所100選」にも選ばれています。

また、ここは、有名な桜スポットが多数ある大阪府の中でも、屈指の桜の名所として知られています。

スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1999121959072359"
data-ad-slot="9281163825">

2019年度万博記念公園の桜の開花予想

万博記念公園桜の見頃ですが、気象条件により前後はするものの、例年、3月下旬から4月上旬、となっています。

また、今年、2019年の開花予想日ですが、3月29日ごろ。
満開時期は4月4日ごろが予想されています。


 

万博記念公園のさくら祭り情報

桜まつりですが、もちろん開催されます。

「万博記念公園桜まつり2019」の期間ですが、2019年3月20日(水)から4月14日(日)となっています。

入園料がありまして、大人250円、小中学生70円(自然文化園と日本庭園も共通の料金です。)です。

桜のライトアップも実施されます。
園内の自然文化園、東大路にて、桜祭りの期間中の18:00から21:00の時間帯に美しい夜桜を楽しめます。

 

万博記念公園の桜の見どころは?

万博記念公園の桜の見どころですが、まずはなんと言っても、咲き乱れる美しい桜の本数の多さ、でしょう。

およそ5500本の桜(ソメイヨシノ、ヤマザクラ、シダレザクラ、ヤエザクラ、その他全9品種)が園内各所をピンク色に染め上げるその景色は、見物に来る方々、全てに、桜の美しさの極地を体感させてくれます。

また、園内には日本庭園、大型の遊具、博物館などもあり、桜のみならず、バリエーション豊かにゆっくりと楽しめる公園になっています。

 

万博記念公園までのアクセス方法や駐車場は?

万博記念公園までのアクセス方法ですが、まずはモノレールを使う場合をお伝えします。
大阪モノレールの万博記念公園駅から徒歩でおよそ5分です。

もう一つありまして、大阪モノレールの公園東口駅から徒歩でおよそ5分です。

次に車を使用する場合をお伝えします。
最寄りインターチェンジは、近畿自動車道の吹田ICです。そこで降り、およそ5分で公園に着きます。

もう一つは、中国自動車道の中国吹田ICです。そこから、およそ5分で公園に着きます。

 

万博記念公園の駐車場

万博記念公園の駐車場が5箇所あります(東駐車場、南駐車場、中央駐車場、西第1駐車場、日本庭園前駐車場)。
停車可能台数は合計で4490台となっています。

公園の公式サイトで駐車場の空き状況を事前にチェックすることが出来ますので、気になる方にはうれしいサービスです。

また、料金ですが、

●平日の場合
2時間まで400円、2時間超えて3時間まで600円、3時間越えて4時間まで800円、4時間超えて24時間まで1000円です。

●休日の場合
2時間まで600円、2時間超えて3時間まで900円、3時間越えて4時間まで1200円、4時間超えて24時間まで1500円です。